目次へ

 
8ページ目   第一歩の最終章

 

俺、

きょうも左のほうに探検することに決めていた。

 

 

ポーションを持てるだけ買う。

 

 

 

しかし、これを買うときは、相変わらずかなりの確立で殺される。

 

 

 

小屋の中で二人が喧嘩をしている。

 

殺し合いだ!

 

 

何をやってんだか。

 

やんちゃ坊主たちだ。

 

いつもだ。

 

 

 

 

 

 

それにしても、

扉で待ち伏せしているやつらに殺されるのは、納得いかねぇ。

 

 

 

でも、これを買わないと次に進めないので、決死の覚悟で買う。

 

 

 

左の門を出てしばらく歩いてみたら、下のほうが広場になっている。

 

運 動 場 ?

 

どうか、きょうはあの Matabeiナイトが現れませんように・・・・・・

 

 

その境目を俺は牛になって歩いていく。

 

 

ゆっくりな・・・・・

 

 

 

 

しばらく歩いて、俺は今まで見たこともないやつを発見した。

 

 

 

 

全身、ホネ ・・・・ ガイコツがいたよん。

 

 

キャほほ !

 

しかも、こっちに向かってくるよ。

 

あぁ俺もうだめこういうの弱い。

 

 

 

ナイトってことを、完全に忘れてる。

 

 

 

 

俺、そのまま何もしないで死んだ。

 

 

 

びっくりしすぎて、何をどうしていいのかわからなかった。

 

英語で言えば、パニックっていうやつだ。

俺、英検4級持ってる!

 

 

 

しかも、速攻で殺された。

 

 

 

恐るべし スケルトン!

 

 

 

 

俺は最近、右腕が痛いのよ。

 

なんか、こうさ、

手の根元あたり・・・





 

仕事のしすぎ?

 

 

 

違う。  スケルトンのせいだ。

 

だから俺は、

仕事であまりクリックをしないように心がけることにした。

 

 


 

 

また、あの小屋に決死隊突入しようとしたときだ。

 

 

入り口の左側に、ピンクのエルフがいた。

 

 

名前は、な・・・

 

 

なで・・・?

 

 

そうそう、

なでしこ っていう名前のエルフさんが、何か話している。

俺、こういう美人系に弱い。

 

 

「 小屋の後ろにまわってお店の人をクリックしてご覧^^ 」

 

 

 

 

 

そう言ってから、小屋の中で喧嘩している例のナイト二人に近づいていった。

 

 

 

また変なことを言う村人発見だよ・・・ 

 

 

でも美人系に弱い俺だ。

 

のこのこ小屋の裏側に歩いていった。

 

時計と反対回りだ。 ・・・・  どうでもいいが。

 

 

 

 

そういえば、この小屋の裏側は、いつも人がたくさん集まっていた。

 

なにか・・・・もらえるのかも。

 

 

 

 

あたり一面クリックして、俺はびっくりしたね。

 

店がオープンしちゃったよ。

 

 

ありえねぇ・・・  壁はどうなるのよ? 意味不明。

 

 

 

 

 

 

ようやく店の中に入らなくともポーションが買えることがわかった。

武器屋も外から買い物ができることは、容易に推察できた。  俺、勘が鋭い。

 

あいつら・・・日除けじゃなかったんだ・・・

 

 

 

 

なでしこ さんは 喧嘩しているナイトに近づいていった。

 

 

あ、あぶねぇ・・・殺されるぞ!

 

 

 

すると、どうだ! なでしこさんが、

 

 

「 マグ〜  アレウス〜  いつまでやってるの !  」

 

 「 お仕置きするよ!? 」

 

 

 

あ、あねご・・・かよ。

 

ご、ごめん。 この数行は、 作った。

 

 

 

 

だって、

だってさ、


それから何年後のことだけど・・・・・・・











 






無料期間は40日。

 

 

もうそろそろ1ヶ月は経とうとしていた。

 

 

 

 

ここでこのゲームやめたら、俺、損するかもしれない・・・・・・

 

3000アデナくらい貯まっていた。




 

2ヶ月間のゲーム代をみすみす失うなんて・・・・

 

俺、現実と区別がつきにくくなっていった。

 






始めの一歩  完






目次へ
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット