目次へ

 
7ページ目   何かが降ってくるのか
 

 

あのとき立ち聞きした、別な場所に狩場を変更することにした。

 

勇気ある撤退だ。 俺、これでもナイト。戦法だけは知っているつもりだ。

 

そういえば、ドラクエで船をゲットした途端、

 

で、いったいどこに行けばいいの??? みたいなことがあった。

 

結構あった。

 

 

 

・・・・・たくさん、あった。

 

 

 

 

そんなときは、

 

まるっきり別な場所に行って気分転換したものだ。

 

 

(余計にわからなくはなったが・・・)

 

そして今、その経験と勘が、別な世界へ誘おうとしているのだ。

 

 

 

SKTという町の左の方へ行ってみることにした。

右のほうには、ヘビ女がいることはすでにわかっている。

 

 

 

 

 

門を出て、

 

さらに左へと進む。

 

 

 

スーパーマンが、走り回っている。

 

空飛び専門なスーパーマンは、走りがぎこちない。

 

飛ぶ気、ないの?  おまえ、飛んでなんぼだろ?

 

風にたなびくマントが変!

 

 

 

小学生時代、

 

風呂敷をマントにして町中走り回っていた俺・・・いや、ボク。

 

デ デ デ デ 〜〜〜 トぅりゃあ 〜〜〜

 

ボク、飛んでいたよ?

 

俺、こんなだったのかと思うと、今更ながら かっこわりぃと思うよ。

 

 

 

 

俺、ナイト。

 

でも、

 

あまり遠くに行くと、SKTに戻れなくなったらたいへんなので、ほどほどに。

 

 

 

 

すると、

あのときのナイト Matabeiが、またこっちに向かって歩いてきた。

 

てか、またキミかよ。

 

 

 

とっさに危険を感じた俺は、SKTに戻ることにした。

 

クリック クリック! クリック!! クリクリクリクリクリクリ!!!!

 

 

しかし、俺は急に立ち止まってしまっていた。

 

あんれ?

 

 

 

か、カエルだよ!  もうやめてよ;;

 

 

 

 

 

 

す、すると、そのナイトのうしろに、ちょ〜〜ぅ でっかいハサミが見えた。

 

な、なんだぁあああああ!!!

 

俺、もうだめ。 こういうのだめ!

 

 

 

 

 

 

いきなりパソコンのスイッチを切った。

 

 

手のひらの運命線と生命線には、

 

くっきりと汗がにじみ出ていた。

 

 

心臓はバクバク言った。

 

 

 

 

 

 

悪いものを見てしまった俺は、SKTの町にたたずむことが多くなった。

 

 

 

倉庫ドワーフの中身を見て、満足する日が続いた。

 

 

無料期間は、あと半分くらい。

 

 

 

 

どこかにボスがいるはずなのに、まだわかってない。

 

船すら手に入れていない。

 

ひょっとして、チョコボ的運搬具が先? どっち????

 

 

 

すでにドラクエとFFが、ごっちゃになっている俺、ナイト。

 

 

 

 

そばにいた人が、なにやら俺の隣で話している。

 

 

周りに誰もいないところをみると、   へ  おれっすか?

 

 

 

「 ナイトならもっといい武器があるよ 」 ・・・とか何とか・・・・

 

それをもっているとスピードが速くなる武器らしい。

 

 

 

 

え ・・・   くれる  の か ?

 

 

「 代理で聞いてあげる 」  は ぁ 〜 ?

 

 

 

「 返事がくるから待ってて 」  ・・・・って何  を?

 

 

 

 

「 どう、きた? 」  ・・・・ 何  が?;;;

 

 

黙って突っ立っている、俺、ナイト。

ちょっと最近不安が多いが、俺、ナイト。

すでにマウスから手が離れていて、画面凝視状態。

 

 

 

「 ちょっと安すぎたかもね 」  ・・・・ って、こいつ意味不明。わかんね。

 

 

 

 

 

 

別れてから試しにアイテム欄見たけど、何も増えてなかった。

 

 

 

やっぱり何か変。

 

 


目次へ
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット