目次へ

 
6ページ目   ここって、どこ?

 

・・・・・ ナイト、ちょっとだけ挑戦することにした。

 

 

余計にエルフの面倒な世界がわからなくなってきた。

 

 

 

 

このリネージュっていうゲーム、本当に怖いゲームだってことを知った俺は、

 

人と接することはなかった。

 

 

 

 

ただし、

 

「 どなたかスキンください 」だけは連呼し続けた。

 

 

 

町の中で、人の話を見るのは大切だと思ってきた今日この頃だ。

画面中の文字はできるだけ読むようにしている。

 

画面下のほうに文字が出てくるのは、うざい。

 

見ているとめまいするし、呑みすぎたときは吐き気がする。 俺こういうのだめ。

 

見てはいけない場所だ。

 

隠したいくらいだ。

 

 

 

 

まぁしかし、きょうも誰かが話しをしているよ。

 

俺、選ばれたナイトだからメンツっていうものがある。

 

俺は倉庫で出し入れをするふりをしながら、聞くことにしている。

 

 

 

 

 

ちょっと上のほうで、

「 ここどこですか 」 って、聞いているやつ発見。

 

ケケケ!

こいつ、素人。

 

ここはリネージュっていうんだよ。

 

 

 

 

 

すると、となりにいた人が、

 

「 SKTです 」

 

 

 

エエエエエエエエエエエエエエエ!!!!

 (ノ`△´)ノ

 

なによそれ?

 

 

更に俺は話の続きを聞きたくなった。

 

 

上に行くとどうたら・・・こうたら・・・・

 

んで、どっちかに行くと、どうたら、こうたら・・・・

 

「 でも、はじめは下のほうがいいよ 」

 

って、俺、正解。 俺、下ばっかり行ってるよ。

 

 

 

・・・このリネージュっていうのが、下だけではないことを知った。

 

 

 




今までのように、その「 SKT? 」の下のほうで狩りをしていたとき、

 

俺は、腰を抜かすほどびっくりした。

 

 

 

俺と同じナイトが、右のほうから歩いてきたかと思った瞬間、

 

その後ろに、人の顔をしたヘビが追いかけてきたのだ。

 

 

 

これには、本当にびっくりした。


あまりもの恐ろしさに、声も出ない。

 

 

俺もいっしょになって逃げた。

 

 

でも俺のほうが少し遅い。

 

 

あぁあああ 喰われるぅうううう!!

 

 

 

 

 

前に歩いているナイトの方向が急に変わったとたん、

 

そのヘビ女は、俺から離れて最初のナイトのほうに向かっていった。

 

 

 

おれ、どうやら助かったらしいが、俺、もう勘弁。ここだめ。

 

このドジなナイト・・・

 

Matabei という名前だった。・・・と思う。  

今にしてみれば、どこかで聞いたような名前だ。

 

 

 

 

 


フィアースの日記。 Matabei戦記  ・・・  ここをクリック
 

目次へ
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット