目次へ

 
1ページ目   リネージュとの出会い

 

2002年の8月頃のお話。

 

家にもインターネットがつながったということで、プロバイダーのocnを眺めていました。
当時は、あまりおもしろい記事はなかったんだよ。
むしろ、ただつながっていることに対する自己満足っぽい。



しばらく眺めていて、発見。

今なら40日間無料でゲームができるという広告。

 

お!! なんかゲームができる。

ソフト代が無料って・・・・

しかも、40日間もやったら、軽くクリアーしちゃう!! ラッキ!

 

 

自分の頭の中は、ドラクエやFFのニューバージョンがただで遊べちゃうイメージ。

 

これは、やるっきゃないっしょ!!

 

というので、早速登録したのでした。

 

 

 

何日かしたある日のこと。

家に1枚のCDが送られてきました。

当時のインストールはこの方法だけでした。

 

を! これだ これだ

 

なんだか、とてつもないほどの時間をかけてようやくインストールができました。

 

スタートすると、何がなんだかわからないことが書いてあるので、適当にボタンを押してどんどん進みました。

 

 

ゲームがスタート。

 

自分は、ナイトという主人公になっていました。

 

名前は、「 zef 」

 

おし、これからお城に行って、宝箱を開けると装備やら武器やらがもらえるはず。

まぁ、しかしその程度のアイテムなんて大した物じゃないってことは俺にはわかる。

 

伊達にドラクエやってねぇよ

 

 

はじめは案山子を叩けって確か書いてあったので、探し歩く。

 

情報を手にしているのだ。

 

 

 

すると怪物発見!!

こっちは裸同然なので逃げまくる。

・・・・・ が、俺に気がついていない。

 

まぁ助かったけど、こういうの、バグっていうんだ。
俺、コンピュータにちょっとうるさいから、バグっていう英語知ってるんだよ。

俺が強いことがわかっているので、向こうも攻めてこない。と、勝手に決め付ける。

 

 

ついに案山子とやらを発見。

 

同じような形をした他人が、一生懸命ビシビシやっています。

 

クリック開始

 

 

隣のやつには、負けたくない。

 

たまに、案山子を外す。

 

UP〜〜〜〜   俺、おめ〜〜〜〜

 

このゲーム 超簡単w

 

さらにマウスクリック!  クリックは自信がある。

 

仕事でPC使っているから、クリック得意です。

このゲーム、俺向き。

 

UP〜〜〜!! 俺、おめ〜〜!!

 

 

隣のやつも、黙々とクリックを続けている。(なんとなく なめらかそう・・・)

 

 

んが、

隣のやつが、途中で放棄してどこかに行っちまった。

 

 

UP〜〜〜!!! 俺、おめ〜〜〜♪

 

 

 

 

しばらくして気がついた。

レベル5になった途端、バーの数字が変化しないことを発見。

バグ?

 

あぁ、あいつも同じバグだったんだ。

 

しょうがない、俺もやめてどこかに行こう。


またあとで来れば、きっとレベル6になれる。

 

 

と、去ろうと思ったのに、まだ俺の攻撃がとまっていない。

おまけ?かよ。

マウスクリックはやめたのに、まだ攻撃が続いている。

 

お得なゲームだなw




仲間を作らねば


ナイトを作るとき、隣に空いているマスがあったので作る。

 

将来は、さっきのナイトといっしょにボスキャラを倒す「 パーティ仲間 」だ。


この辺、分かりやすいゲームだ。

パーティ仲間は自分で作るんだ。    でもさ、  最初から作っていいもんかよ^^

探し回るほうが楽しくねぇ?;;



 

ここはナイトではダブってしまうので、別な仲間を選択する。

 

エルフww

 

「 ゼフィルス 」と命名。

 

今度はこのエルフで挑戦する。

 

 

あんれ???

 

ものすごくわかりにくい世界。

 

ちょっと歩いてみたら、へんな怪物が歩き回っていて・・・なんか変。

 

木が動くし・・・・

 

しばらく眺めていると、自分と同じ姿をしたやつが、この木をパンチする始末。

 

 

おおお!! こいつすげえ!

迫力満点だぜ!



しかし、それがなぜパンチするのか、わかっていない。

 

 

クリックしても何も反応しないし、いったいこの木、どうなってんだ。

パンチしているんだから、敵に決まっている。



しかし、しばらく眺めていたら、いきなり木がしゃべり始めるじゃぁないか!!



まじかよ   ヽ(・・〃)m

あとでまた出直せ・・・って、お前何サマ??
言ってることわかんねえんだYO  俺、こいつ放置。

 

ポカンとして大きな動かない木の下にいたら、自分と同じ形をしているエルフが、後ろに変な怪物3匹を連れて歩いてきた。何とかオーク? オーク何とか? ・・・忘れた・・・


こ、こいつらは仲間なの???


するとどうだろう。
自分のすぐ隣にきたところで、そのエルフさんが3匹にタコ殴りされている。


わお!  これ無理っぽww



これ無理 俺死んだふり。





 

ということで、チビル思いでエルフは放置。

 

 

しばらくはナイトを専門に育てて強くして、エルフはただ後ろについていけばいいようにすることにした。作戦決定。

 

ドラクエやってたから、この辺、飲み込みが早い。

このゲーム、俺向き。

 

 

ルーラ発見




主人公のナイトでうろうろしていると、どこかに連れていってくれるって言うお人形さん発見。

 

これ、ルーラ! 俺、とんでもないの発見!

 

もうこんなレベルになっているんだ。
無料お試し期間40日で裏面にも行けそう( ´艸`)

 

早速ルーラ!!

 

 

おおおおww  飛んだ 飛んだ

 

 

さっきの場所と違って、人が多いです。

 

名前の上には、俺にはないマークや文字が。

・・・わかんね。でもどうでもいいよ。凡人の生活、どうでもいいこと。

 

 

まぁ、ちょっと順番間違えて、ヒールの前にルーラ覚えちゃったよ。

俺、偉いし、このゲーム、この辺いい加減。  雑っぽい

やっぱ日本製がよかったかもなぁ。

 

 

結構 自由な設定なんだ。さすが大陸系だ。

 

 

 

最初はお城を探さなければいけないが、このゲームはちょっとした順番が違ってもどうやらクリアーできるっぽい。ゲームが進行している。

 

 

最初発見した獲物は、スライム。

 

なるほど、こいつが最初の敵ということは知っていた。

ギリギリで勝つことになっている。

うまいこと出来てんなぁww

でも、ルーラを覚えた後に出てくんなよ^^


 

ウッリャーーー!!

 






 

あんれ、

 

画面が変わらねぇ・・・・

スライムが3匹くらい横に並んだ画面になるんじゃないのかい;;


こっちは、ガンガン行けよ・・・なのに。

チュワワ チュワワって言いながらいっしょに攻撃してくるよ。

 

おい、ちょっと待てよ!

 

 

変わりばんこに攻撃、防御だろ?!

 

 

 

 

 



なんだか納得いかないうちに、俺死んだ。

 

 

 

 

それから俺はしばらくの間、スライムには手を出せなくなった。

ここでも、順番が違う・・・・スライムの先に何を倒せばいいんだよ・・・

 

 

どんどん♪  さぁ どんどん♪



しかし次の日、俺はすでにいい狩場を発見していた。
さすがだ。




この町から下のほうに歩いていくと海岸に出るから、その辺。

(きっとこの海岸を、どっちかに歩いていけば船をゲットできるんだな。そしてそれは最初は空は飛べないはず。)  

そのくらいの知識はある。

 

 

 

 

 

 

オークという名前の怪物を斬る。 俺、ナイト!!

HPが減ったら止まっていれば増えて、元に戻ることを発見。 ポーションいらねぇwww

俺、このゲームに合ってるかも。俺、ロールプレイングゲームの鬼なのよ

 

 

ドワーフという名前のちっこい怪物がいる。

こいつ、光るし、大きさの割りには強い!!

ソーレ♪ ソーレ♪ ソーレ♪・・・・って、ちょっとうるさいぞオマエ。

 

 

木陰に、岩が置いてある。

セーブポイント??




近づいてびっくり

急に化け物に変化しやがんのw さいてぇ〜



しばらくはこの岩に近づくことができなくなった。





メモメモ: スライムと岩には要注意だ。




 




目次へ
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット